2012年10月15日

スローベリーでスロージンを作る

スロージン (Sloe Gin)は、スローベリー(英語で Sloe berry 、スウェーデン語で Slånbär 、日本語で西洋すもも)という実から作ります。 ベリーといってもプラムの一種だそう。

このスローベリー、Ninniの家の近くの茂みに、沢山生えていました。 (よく見ると、野生のリンゴや黒すぐりの実も。)

sloeberry.jpg


大きさは直径2cmほどで、皮は粉を吹いたようになっており、濃い紫をしています。 そのままでは食べられません。 一度凍らせると甘みが出るので、Ninniのお父さんが子供の頃は、霜が降りると家族総出でスローベリーを摘みに行き、ジュースを作ったそう。 美しい色合いのおいしいジュースを作ることができるとのこと。 

でも、とても面倒なので、冷凍庫で凍らせた後、ホワイトリカーにつけ込んで、スロージンを作りました。

作り方は、こちら → スロージン を作ろう

お味の方は、こちら → あけました スロージン
この記事へのコメント
初めてコメントいたします。イギリスの田舎に住んで3年のものです。スロージンのレシピを探して、こちらに行きあたりました。
作ってみたいと漠然と思っていたときに、目の前にスローがあったので、レシピは急いで探すとして、先に摘んでしまおうと、昨日持ち帰り、慌ててレシピを探した次第です。
大変助かりました。ただ今スローは冷凍庫の中です(^^)

昨年、夏に実り始めのものを食べてみて、うわ〜美味しくない!って思ったのですが、こちらの記事を読み、昨日摘んだのは霜が降りたあとのものなので、もしや、と思い一つ食べてみると、少し渋みがあるものの、夏には全く感じられなかった甘みがあり、なるほどー!と思いました。

他の記事も興味深いものがたくさんあり、偶然にもこちらのブログを探し当てられてハッピーです。これからも参考にさせてください。
Posted by 葛西 裕子 at 2015年10月12日 16:33
裕子さま
コメントありがとうございます! ちょっとお役に立てたようで、とても嬉しいです!!
イギリスの田舎に住んでいらっしゃるなんて、素敵ですね。 もう霜が降りたのですね。 こっちも寒くなって来ました、、、
スロージンは、あれから全然作っていなかったのですが、今年は「また作って〜」とリクエストがあったので、作ろうかしらと思っていたところです。 今が摘み頃ですね。 ひとまず摘んで冷凍庫に保管し、時間ができたらお酒と砂糖に漬け込むだけなので、スロージンってけっこう簡単かもしれません。
本場の(?イギリス産が有名なのかな?)スロージンが出来たら、ぜひぜひお味の感想を教えてくださいね!
Posted by Ninni at 2015年10月13日 15:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック