2007年05月11日

スモーランドの庭で

今年(2007年)生誕300年をむかえる植物学者リンネ (Carl von Linne) が生まれた地、スモーランド Småland を訪ねました。 スコーネの南西に位置する、森と湖からなる地域。 日本から遊びに来た私の友人の親しい知人が住んでおり、彼女から招待を受け、私も友人について行くことになったのです。

その方、Bさんは、小さな町の外れの、いかにもスウェーデンらしいステキな古いお家に住んでいます。 裏は森です。 というか、この周りは、どこも森です。 この正面玄関は、実はベランダで、家の中に入るときは裏に周ります。 ベランダの中には、たくさんの苗木がありました。 もう少し暖かくなったら、外に植えるのかな。

smaland1.jpg

こちらがお家の裏です。 手前に盛り上がっているのは、古代の墓・・・ではなく、地下蔵です。 芋などの食料を、暗く涼しい地下に保管。

smaland2.jpg

天気がいいので、外でフィーカ(コーヒーとお菓子をいただく)。 ベリージュース、クッキーや菓子パンがテーブル並びます。 全てBさんの手作り! まだベリー類は花をつけ始めたばかりでしたが、夏になると、森の中が真っ赤に、または真っ黒に染まるほど、ベリー類が生るそう。 それを摘み、ジャムやジュースを作ります。 また冷凍保存したもので、パイも焼いてくださいました。 全てが新鮮な自然の恵み!

smaland3.jpg

友人とBさんとスモーランドで過ごした体験については、私のメインブログ『スウェーデンの四季』も、ぜひご覧ください。
posted by Ninni at 17:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | Ninniの庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック