2016年10月27日

秋の恵みで工作

自然観察センターといったところに、子供用コーナーがあり、そこで塗り絵などができるようになっているのですが、10月の秋の日に訪れたら、落葉や木の実で工作ができるように準備されていました。

naturum2016aki1.jpg

係の人が針とテグスを貸してくださり、小さなクリやローズヒップ、赤い実などを通していきます。

naturum2016aki2.jpg

それを何本か作り、枝に吊るしてモビールにするのですが、(電車で来ていたので)持って帰るのが大変なので、私たちが作ったのは1本だけ。

naturum2016aki3.jpg

別の日に来たら、落葉アートの作り方を教えてくれました。

naturum2016aki4.jpg

目玉は、穴あけパンチで穴を開けるときにできたゴミの再利用。 ペンで点を描けば目に。 それを葉っぱにつけ、ヒレなどを描けば、魚に。 (息子は「マンボウ」と言っていたが、ちょっと向きが違うなっ。)

naturum2016aki5.jpg

ヒラメと、その下の足が生えているのは何だろう?

posted by Ninni at 17:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子供と植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック