2006年05月24日

海外ガーデニング雑誌比較

先週末、久しぶりにNinniの庭を訪れたとき、「この前ドイツで買ったガーデンニング雑誌、どうだった?」と聞くと、「う〜ん、まぁ、ドイツのガーデンは、イマイチなのよね〜」というお言葉。 Ninniが好きなのは、イギリスの庭園と、イギリスの園芸雑誌。 本屋さんでイギリスの園芸雑誌が売っていれば、必ず購入。 スウェーデンの園芸雑誌も、定期購買しています。

そこで、この3カ国(スウェーデン、ドイツ、イギリス)のガーデニングマガジンを比較してみることに・・・

gardenm1.jpg

スウェーデンの雑誌。 「Allt om trädgård(ガーデンのこと全て)」 スウェーデンの庭は、いろいろ凝るよりも、自然であることを大切にしているように思います。 緑が生い茂り、そこにインテリアとして、青いペンキを塗ったシンプルな木の椅子や、色の塗ってないブリキのじょうろなどが置かれている。 木目あらわなベンチやテーブルは、自己主張することなく、自然の中に溶け込み、石をあしらった一角は、見た目涼やか。 

gardenm2.jpg

ドイツの雑誌。 「Meine Schöner Garten(私の美しい庭)」 どのページも、これでもか、これでもか、というほど、花が溢れています。 それも、濃いピンクや紫、赤などのため、見ていると目がチカチカしてきます。 緑の茂みより、花に重点を置き、カラフル。 衝撃的だったのは、庭に置かれているテーブルとイス。 ショッキングピンク! その上に、花柄模様のクッションまで置かれている!! スウェーデンの庭とは、なんとも対照的。

gardenm3.jpg

イギリスの雑誌。 「Gardener’s World (ガーデナーの世界)」 BBC発行のもので、Ninniのお気に入り。 スウェーデンやドイツの雑誌では、「見た目」の写真や記事が多いのですが、イギリスの雑誌は実用的です。 ハウトゥやアドバイスなど、的確で分かりやすい。 Ninniも赤ペンで重要事項にチェックを入れています。 写真も綺麗で、読み物も楽しい。 さすがイギリス、BBC、ガーデニング先進国の雑誌です。

gardenm4.jpg

興味深かったのは、どの雑誌も、日本に触れる記事があったこと。 スウェーデンの雑誌では「Daikon(大根)」の特集。 ドイツの雑誌には、「Kaki(柿)」についてと、広告には日本鯉のエサ(日本製)。 鯉愛好家が多いのでしょうか? イギリスの雑誌では、英語で ”Dogt tooth violet” と呼ばれる花の原産を、日本に訪ねていました。
posted by Ninni at 08:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっとしたこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月19日

窓拭きとクモ

雨が多く寒い夏だったけど、9月に入ってから、ちょっと暑い(と言っても最高20度をちょっと超す程度な)日があり、油断してたら、あっと言う間に寒くなってきてしまい、窓開けておくのが辛くならないうちに、窓掃除をしなくてはーーー、と慌てた。 

夏の間は、夏日を楽しむのであり、窓拭きなどしてなかったので、かなり汚れています。 (外側は雨と土ぼこり、内側は子供の手の跡や、夫につぶされた小さなバナナ蠅の残骸などがこびりついている。)

よしゃー、台所から!と、窓を開けようとして、気がついた。 1ヶ月程前に、台所の窓に、クモが巣をかけてたっけ。 (それじゃあ、うちは、お化け屋敷かゴミ屋敷みたいですが、、、) このクモ、巣をかけた当時は、本の数ミリの小さいクモでした。 それが、今は2センチもある!

madobenokumo.jpg


最初、こんなところに巣をかけて、エサを捕獲できるのかしら?と心配したのですが、自分より大きいハチがひかかったりしてました。 それなりにエサは獲れるようで、食べるごとに大きくなっていくよう。

クモは決して殺したり、追い出したりしません。 家蜘蛛は、悪い虫を食べてくれるから。 (でも、このクモは家の外にいますね?)

窓を開けたら、巣は外側の窓枠に張ってあったので、窓掃除には支障がありませんでした。

ところで、私は窓拭きのときに、古新聞を使います。 昔、何かで、「新聞で窓を磨くときれいになる」と読んだのです。 新聞のインクが作用するらしい。 それで、最初に水で濡らした新聞紙で窓の汚れを落とし、その後、乾いた新聞で乾拭きし磨きます。

しかし、夫は「そんなこと聞いたことない」と、笑う。 

確かに、本当に効果があるのかは不明だし、手が真っ黒になっちゃうんだよね。 でも、捨てる新聞を使うのは、再利用にもなるし、地球にも(経済的にも)やさしい。 今日も、やっぱり、古新聞を使って窓掃除をしたのでした。
posted by Ninni at 04:03 | ちょっとしたこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする