2006年10月01日

チャイブスとカッテージチーズのパン

チャイブスは、スウェーデンでは、とっても一般的なハーブ。 サラダや料理の付け合せに、よく使われます。 スウェーデン語でgräslök(草ネギ)というように、味も見た目も、万能ネギっぽい。 私も植木鉢で育てています。 Ninniの庭では、ぼうぼうと成長していますが、鉢植えだと、あまり大きく育ちませんね。

lok.jpg

Ninniから借りた、ハーブの本に載っていた、Keso och gräslökbröd (カッテージチーズとチャイブスのパン)のレシピが、おいしそうだったので、作ってみました。

作ろう!と言うのは私ですが、実際作るのは、夫です。 私はパン作りの経験はまったくなく、夫はパン屋さんでアルバイトしていた経験がある。 私がペタペタこねているのを見かね、「パンとは、こう作るものだ〜!」と、バンバンこね始め、私の出る幕なし。

しかし、レシピの分量どおりなのに、水の量が多過ぎるようで、ベタベタ手につくだけで、上手くこねられない。 だいだい、このレシピが、いい加減なんだな。 美しい写真集のような大型のハーブ本。 見ていて楽しいのですが、肝心なことがあやふや。 まったく、スウェーデンって、何事においても、こんな感じ。 見栄えは良くて、わぁ素敵〜、って思っても、内情はなんともお粗末・・・ と悪態つきながら、パンをこねる。

パン種の上に、カッテージチーズと刻んだチャイブスを置き、黒胡椒をふり、半分に折って中に入れるのも、パン種がデレデレ柔らかすぎて、四苦八苦。 なんとか焼き上げましたが、歪な形に。 しかも、巨大・・・

lokbred1.jpg

こんなの、おいしくないに決まっていると、作りながらも散々文句を言っていた夫。 一口食べたところ、「おいし〜い!」 なんと、思いのほか、おいしかったのです。 あっという間に、3切れくらい食べている。

lokbred2.jpg

確かに、お味は良かったです。 でも、また作るのは、大変だな〜。

2008年07月10日

ラベンダーを使ったお菓子

ラベンダーはスウェーデンでもポピュラーで、多くの庭や公園の花壇に植えられています。 

Ninniの庭にも、もちろんあるので、花が付き始めると、せっせっと摘む私。 サシェに詰めたり、バンドルズにしたり、ドライフラワーとして飾ったり。 保存性が良く、乾かしても元の形のまま、色や香りも長く持つので、ポプリ等にはピッタリで、応用もききます。 

そして今年は、一風変わったラベンダーの使用法に挑戦。 ラベンダーでクッキーを作ったのです。

lavendelkaka.jpg

ラベンダーは、ハーブといっても、食べ物ではなく、香水や化粧水に使われることが多く、香りを身に付け楽しむものですよね。 口にするなんて、抵抗がありました。 

でも、好奇心には勝てず作ってみましたよー。 さて、お味の方は・・・ レシピはこちら→ ラベンダーのクッキー Lavendelskorpor
タグ:ラベンダー

posted by Ninni at 16:27 | ハーブ、花&ベリーのレシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする